徒然ノニ活動ブログ

『ノニ』という果実のジュースを通して、1人でも多くの人に「健康」と「経済」を継続的に得て欲しいのです(^_^)

選択理論心理学を学んで③

Ia Ora Na

選択理論心理学についての

アウトプットも第三弾になりました。


noni-unite.hatenablog.com



noni-unite.hatenablog.com


選択理論心理学を理解するためには

いくつかのキーワードを学ぶ必要があります。

今まで「基本的欲求」「上質世界」についてアウトプットさせていただきました♪


今回は『責任』についてです。


幸せとは5つの基本的欲求を満たされた状態の事だと、書きました。

確かにその通りです。

しかし、自分の欲求を満たす(=願望実現)事で他人が不幸になっても良いのでしょうか?


例えば、9.11アメリカ同時多発テロ

あれもアルカイダの側から見れば自分たちの欲求を満たそうと行動を起こした結果です。

しかも世界貿易センタービルに飛行機で突っ込んだ結果、寸分違わず欲求が満たされたはずです。

その代わり、多くの人が犠牲になりました。


片方の欲求が満たされることで、別の方の欲求(上の場合で言うと、生存の欲求など)充足が阻害されては

そこに『幸せ』な状態が存在するはずがありません。


そこで選択理論心理学では

「他人の欲求充足を妨げずに、自分の欲求を充足すること」

責任の概念を明確に定義しています。



相手の邪魔をせずに、自分を満たす


これが自分自身の「責任」なんです。

責任ですから、必ず守らなければならないグランドルールだと認識してください(^。^)


人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

広告を非表示にする