徒然ノニ活動ブログ

『ノニ』という果実のジュースを通して、1人でも多くの人に「健康」と「経済」を継続的に得て欲しいのです(^_^)

そもそもノニってご存知ですか??

そういえば、このBlogのタイトルが『徒然ノニ活動ブログ』であるのに
ノニについて、ちゃんと書いていませんでした(^_^;)

今回は、少し長くなってしまいますが、私なりにノニについてまとめてみました。
もっと詳しく知りたい場合は、ご連絡下さい(^_^)/

【改めて、「ノニ」という植物をご存知でしょうか?】

私が感じるところでは、まだまだ一般的な認知度は低いかなぁと思います。

たまに知っていると言う方でも....

「バライティー番組で罰ゲームに使われていた」
「テレビショッピングで某プロレス夫婦が錠剤を紹介していた」
「沖縄土産で貰った」

くらいの反応でしょうか?

ノニについて簡単に説明しようとすれば

「はるか昔から健康維持に利用されてきた、素晴らしい力を秘めた植物」

と言うところでしょうか。

ノニを飲むことによって、全身の状態が良くなると感じている方は非常に多いです。
複雑な有機体のノニが体のバランスを調整し、副作用を出さず、身体全体を元気にしているという訳です。


▽薬用植物の宝庫・アカネ科の植物▽

そもそも「ノニ」とは亜熱帯植物の1種で
学術名「モリンダ・シトリフォリア(Morinda citrifolia)」と言います。
これで「モリンダ社」の名前の由来がご理解いただけたでしょう(^_^)

日本名「ヤエヤマアオキ」と言い、沖縄以南で育てる事が可能でして
今では沖縄土産の1つになっていますよね。

ノニは「アカネ科」の「モリンダ属」に分類されています。
アカネ科の植物だけでも相当の数が存在しますが、昔から薬用に使われていた物が多いのが特徴の様です。

今でこそ嗜好品ですが、もともとは薬用利用されていたコーヒー
漢方薬にも利用されているクチナシ
マラリアの特効薬として利用されているキナ
などなど。


▽モリンダは実は41種類▽

モリンダ〇〇という「モリンダ属」に属する植物は
世界で41種類も存在するようです。

中でも最も有名なのが「モリンダシトリフォリア」、通称「ノニ」です。

ノニという名がモリンダ社のお蔭で、随分普及してきましたが
地域によっては「チーズフルーツ」「ノノ」「インディアンマルベリー」などの名前で呼ばれているそうです。

ノニはその実だけでなく、葉・樹皮・根なども有用性があり地域地域で様々な利用法があったようです。
現在はモリンダ社を先頭に、多くの研究機関がノニについて研究しており
今後はもっと有用性が科学的に解明されてくることでしょう!


▽カヌープラント▽

赤道直下の太平洋に住む、ポリネシアの人々の歴史は航海の歴史でした。
遠い昔、ポリネシアの人々は優れた航海技術を元に
東南アジアから新天地を求め、東に東に海を移動していきました。

航海中の備えと、新天地での生活などを考えて、食料や薬として役立つ植物を携えていったそうです。
そういう選ばれた植物たちが、新天地に根付き、自生していったのです。

こうしてカヌーで運んだことから「カヌープラント」と呼ばれるポリネシアの有用植物は
ココヤシ
タロイモ
サトウキビ
パンノキ
などがあります。

その中でもノニは珍重されて「カヌープラントの女王」などと呼ばれています。
悪性の新生ウィルス、感染症、疼痛などに利用されたと記録に残っています。


▽だからタヒチ産のノニが良いんです!▽

上記の記録というのは、キャプテン・クックの時代の話です。
クックの航海に参加し、のちにキュー植物園を始めたジョセフ・バンクがタヒチ島で薬用として利用されている様子を記録しています。


f:id:noni-unite:20160129190801g:plain

地図を見てもらうと分かりますが、タヒチは太平洋のど真ん中に位置しています。
インドから出発したポリネシアの人々は、東へ東へ旅をします。

その土地で育てたカヌープラントのうち、もっとも育成の優れたノニを次の島へ携えていきます。
次の土地でも、最も育成の優れたノニを次の島へ・・・・。

これを繰り返し、もっとも優れたノニの種だけがタヒチに到達したわけです。


ですからタヒチのノニは、デカイ
日本で採れるノニがゴルフボール位の大きさで、タヒチで採れるノニはジャガイモ位の大きさがあります。


そして栄養素も他の地域にノニに比べて格段に高い訳です。

さらにタヒチのノニは
種が土に落ちてから10か月程度で最初の実が実り、同じ木に年4回約100年もの間実をつけます。
タヒチのノニがいかに生命力にあふれているかが、ご理解いただけるでしょう。

さらにタヒチは大陸から、遠く離れているため大陸の汚染された土壌が存在しません。
四方を海に囲まれ、海からのミネラル豊富な土壌は、農薬を必要としません。


地上最後の楽園で育ったノニは
生命力に溢れているだけでなく、とても安全・安心な植物なのです!!

広告を非表示にする