徒然ノニ活動ブログ

『ノニ』という果実のジュースを通して、1人でも多くの人に「健康」と「経済」を継続的に得て欲しいのです(^_^)

モリンダ日本支社の歴史書①

f:id:noni-unite:20151018190551j:plain


読了した書籍の紹介です。
今回は「信念の人」(アクト企画)です。


実はコレ、モリンダ日本支社の初代支社長の半生を書いた本です。

モリンダがノニジュースを世界で初めて商品化して今年で19年。
いよいよ来年は20周年です。


モリンダが日本で営業を開始して16年。
私がノニジュースを飲みだして8年目。


日本の初代支社長がブライアント・H・ワズワース。
現モリンダ社の社長ジョン・ワズワースのお兄さんです。


ただし、ブライアントの半生は
決して企業のTOPになって、がんがん稼ぐという環境では決してありませんでした。

彼は米国農水省の官僚として、大いに活躍してきた人間です。

日本とアメリカで国際問題に発展した「牛肉・オレンジ」の関税問題。
そのアメリカ側の官僚として、日本で活躍した人間です。

彼の話を私も何度も聞いていますが
その輝かしい経歴など、微塵も感じさせない人柄に魅了されます。


その彼が日本で、新進気鋭のネットワーク会社の経営者となり
どのように日本で市場を拡大させていったのか?

なぜ日本で営業してすぐに、新宿のド真ん中に9階建ての自社ビルが完成できたのか?


そしてなぜ、モリンダ社が他社と比較して、こうも色々と違うのか?


外からの情報だけではわからない、これらの疑問の解決ヒントが
この本に凝縮されています。


1つのビジネス書としても得られる物が多いと思いますよ(^_^)



にほんブログ村

広告を非表示にする