読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然ノニ活動ブログ

『ノニ』という果実のジュースを通して、1人でも多くの人に「健康」と「経済」を継続的に得て欲しいのです(^_^)

「かっさ」初体験(^_^)

f:id:noni-unite:20151013152409j:plain

昨日は東洋医術の1つである「かっさ」というものの施術を受けました。


とあるミィーティングで知り合った方が「かっさ」を日本に広めるべく
モニターを探していたので、その役を買って出ました。


そもそも「かっさ」とは?

2500年前から中国で行われてきた民間療法である「刮痧(かっさ)療法」が原点。
「刮(かつ)」はけずるという意味で、「痧(さ)」は動けなくなって滞っている血液のことをさします。
専用の板を使って皮膚の経絡や反射区を擦って刺激することで、毛細血管に圧を加えて血液の毒を肌表面に押し出し、経絡の流れを良くするというもの。
いわば、東洋医学的なデトックスであるといえます。

だそうです。


確かに施術を受けているとき、体の経絡の流れを良くするために
独特の形をしたヘラで、ゴシゴシこすられました。

写真のそれが、ヘラです。


正直、気持ちが良いというよりも、痛かったです。
それは私の体が老廃物で詰まっていた証拠でもあります。


美容・リラクゼーションの世界に「リンパマッサージ」ってのがありますが
発想、施術理論は全く一緒です。

身体の中を流れている物(経絡と表現したり、リンパと言ったりの違いだけ)を、外からの刺激によって綺麗に流す。
そうする事で、身体は元気になる。というものですね。


確かに好転反応と呼ばれる反応もしっかり出てますし
もともと喘息持ちの体ですから、コリがほぐれず困っていたので非常に助かりました。


まだまだ日本ではマイナーな施術の様ですが
興味のある方は、試してみる価値はありますよ。



【日本かっさ協会】
j-kassa.jp

広告を非表示にする