読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然ノニ活動ブログ

『ノニ』という果実のジュースを通して、1人でも多くの人に「健康」と「経済」を継続的に得て欲しいのです(^_^)

自己紹介①

はてなブログ開設しました(^_^)/

すでにFacebookなどで自分の情報の発信の場は持っているのですが、私個人の価値観や考え、仕事の事など、意外に書きにくい事もあるものです。

そこでブログという形式で、自分の日常アレコレを発信していこうかと思いました。

 

何から書けば良いのか悩みますが、とりあえず自己紹介をしてみます。

実は今まで、自分の人生をあまり話してきませんでした。

その理由もいくつかありますが......

 

自分の理想とかけ離れた生き方をしてきたという挫折感・敗北感ばかりの人生語りを聞いても仕方ないじゃん(笑)

 

もっと世で成功された人のドラマに満ち溢れた話を聞いたほうが学ぶ点も多いし

それに勇気付けらる人だって沢山いるでしょ?

 

 そんな思いが強く、機会が無ければ必要以上に話してこなかったってわけです。

ただそれでも、自分が今まで得てきたことが人に勇気を与える事だってあったりするし、少しずつでも人の役に立てる人間に成長したいし。

それには勇気を出して素直な自己開示も必要なのかなぁ?って心変わりしてきたのです。

 

まぁ、こんな人もいるのかくらいに思っていただければありがたいです。
まずは生まれてから高校卒業までいってみましょう(*^_^*)


私は1977年(昭和52)、埼玉県草加市で生まれました。
草加市は「おせんべい」で有名な街です。
マンモス団地・松原団地で18年過ごしました。

 

この松原団地、現在建て替えの真っ最中でして、先日久しぶりの訪ねたら、全く当時の面影が無くなっていました。

私が通っていた小学校も、この建て替えの影響で隣の小学校と統合されてしまい名前が変わっていました。まさか田舎の山奥にある分校みたいに、自分が通った小学校が廃校になるとは思いもしなかったです(@_@;)



幼稚園時代(藤幼稚園)

団地の中にあるキリスト系の幼稚園でした。私も家族も別にクリスチャンではないのですが、家から歩いて5分位の一番近い場所にあったからでしょうかね。

やはり小聖堂でお祈りもしたし、イエス・キリストやマリアについて幼稚園児なりに勉強した記憶があります。

実はこの幼稚園、今も変わらず存在しています。なんか嬉しいですね。

 

この時期、母親がやっていたテニスの影響で私もジュニアクラブでテニスを習い始めます。幼稚園の真横にテニスコートが2面あって、毎週日曜日の朝に教室に通っていました。

結局、小学校5年生まで習い続ける事に。



小学生時代(花栗小学校)

そもそもなんで、母親は私にテニスをやらせたんでしょうか。

答えは、私がずっと家にいて積極的に友人と遊びに行くようなタイプじゃなかったからでしょうね。お世辞にも友達が多い方でなかったですし。

テニスの他にも、夏休みには新聞各社が主催する「キャンプ教室」などにも強制的に参加させられました。まぁ特別嫌ってわけじゃなかったですし、良い思い出になっているので感謝しています。

もちろんジュニアテニスの大会にもしょっちゅう参加しました。

元々、電車が好きな僕は1人で大会に出かけていく事で電車旅行を楽しむ子供でした。

携帯なんかない時代に、ラケット持った小学生を1人であちこち行かせた親も親で逆に凄いなぁと思いますが。

 

勉強は出来た方だと思います。真面目な真面目な児童でしたし。

そこで、母親は中学受験をさせようとしました。

地元の学習塾に通わされ、受験勉強しました。正直、真面目に勉強したとは言えず結果は散々な事に。そして地元の公立中学に進学しました。

 

中学校時代(栄中学校)

当時、市内で一番の荒れた中学でした。

朝、校舎の窓ガラスが割られまくったり、校舎への落書き、授業中バイクが学校の周囲を走り回る。

タバコなんか珍しくなかったです(笑)

 

中学受験に失敗し、そのリベンジに燃えていた私は勉強も頑張りました。

幼少の頃からやっていたテニスも部活で活き、1年からレギュラー。勿論、のちに部長になりました。

 

当時の埼玉県の中学は3年になると授業をせずに1日使って「北辰テスト」という業者のテストを強制的に受験させられていました。

*1

この北辰テスト学年順位と偏差値が発表されるシステム。

 

毎回トップ周辺に名前が載るテニス部の部長。

不良達のかっこうの的になりました。今もあまり思い出したくない記憶です。

逃げ場のない学校生活。とにかく自分を隠して時間がすぎるのを待つような毎日。

 

卒業式の日、校門を出た瞬間の解放感は今でも忘れられません。

 

高校生時代(浦和高校)
受験で無事に第一志望の高校に進学しました。

男子校で3年間、男だらけの生活。色々な仲間との経験は私の一生の財産です。

部活はテニス部。勉強は全くできず成績表はひどいもんでした(@_@;)

部活しか熱心にしなかっけど、理系人間には間違いなかったので大学も理系を目指しましてました。

大学受験を前にしてた時に「阪神大震災」と「地下鉄サリン事件」が起こります。
今まで生きていた人達が、一瞬にしてその人生に幕を下ろす。

人は自分の価値観に沿って簡単に人を殺す存在になりえる。

高校時代に一番感銘を受けた本「罪と罰」の影響もあって、人の命や罪悪について敏感になってた時でもあり、惨状を目の当たりにした私は「人の命を守り、救える存在になりたい」と考え医学の道を志しました。

 

 

しかしまったく勉強してない自分は受験に失敗し浪人決定(@_@;)

*1:今は日曜などに予備校などで希望者が受験するみたいです

広告を非表示にする